ダイエットの基礎


うちの娘の体験談ですが。
産後太りして、どうにかしたいと思いウォーキングや糖質制限などを実行しましたが、目に見える効果が出ませんでした。
人によって体質が違うので、痩せる方法も千差万別なのではないかと思い、まず自分の体質を考えてみたそうです。

親である私は、60才になりますが、体型こそ変化したものの、体を使う仕事をしているせいもあり、20代の頃と体重は変わらないのです。
娘と違うところは、便通が良く、汗もかき、おしっこの回数も多いことに気づきました。
もしかしたらその辺が改善されれば違ってくるかなと思ったそうです。

そこで娘は、普段便秘がちな事と汗をあまりかかない体質を改善しようと、カロリーや糖質に気を使うよりも便通を良くする食事を心がけ、
お風呂もなるべく長く入るようにしました。
水分も積極的にとるように心がけ、喉が乾く前にまずお茶を飲むということを実践したそうです。

数日は特に改善されたようすもなく、速効性はありませんでしたが、一週間位経ったころから、少しずつ便通が良くなり、
普段の生活でも汗をかくようになったそうです。
すると、知らないうちに少しずつ体重も減ってきました。
それと、靴がゆるくなったそうです。
今まであまり気にしていなかった足のむくみが、代謝が上がったおかげで改善されたようです。
もちろん下半身のシルエット(特にふくらはぎや足首)も目に見えてスッキリしました。
改善されて初めて、今まで下半身ががむくんでいたことに気づいたみたいです。

ダイエットに挑戦される方全員には当てはまらないかもしれませんが、まずはご自分の体質や生活を分析して、試してみるといいかと思います。

「一番の効くダイエットは生活リズムを整えること!?」


女子は思春期に入ると自分の体形があちこち気になり始めますよね。
私も、小学生高学年の頃から自分の足の太さが気になったり、中学生になったら流行りのダイエットをしてみては挫折の繰り返しでした。

そんな私でしたが、20代で気づいたら「-10㎏」を達成していました!
何故痩せることができたのか…。それは、生活リズムにポイントがありました。

私が20代でダイエットを始めたのは、一生に一度の成人式でMAX体重を叩き出してしまい、二重顎で体もパンパンの状態で出席した後悔からでした。
成人式後友達と撮った写真は二重顎の私ばかりで、そんな状態だったからこそ、同窓会で素敵な再会などあるわけなく、
奇麗な友達たちと自分を見比べて大きなショックを受けました。

このままじゃヤバイ!と思い、食べる量を減らしたり自転車を使わず歩いてみたりするけれども体重は平行線のまま。
「なんで食べる量を減らしているのに体重は減らないの!」とだんだんストレスは溜まり、解消するために外出先で暴飲暴食をするなど、
一向に良い方向に向かわないまま無駄な努力をしていました。

そんな時、バイト先をサービス業に変えて夕方から夜まで立ち仕事を週3、4日するようになりました。
慣れない立ち仕事に帰り着くと24時までには眠り、次の日は講義の為に朝8時には起きるという生活リズムに変わり、
1日は基本講義とアルバイトで占められていた為間食をする時間も減り、その分朝昼晩しっかり食べる。
そんな日々を続けていると、周りから「痩せた!?」と言われるようになり、1カ月ごとに2、3kgのペースで体重も減っていきました。

今まで酷い日は夜は「キャベツだけ」「果物1個だけ」で生活していても痩せなかったのに
生活リズムを整えるだけで健康になるだけじゃなく体重もこんなに落ちるなんて思いもしませんでした。

もちろん、無駄な習慣から太ってしまった分は生活リズムでだいぶ改善できますが、より理想の体型を目指すには適度な運動も必要です!
「ご飯を食べていないのに痩せない!」と悩んでる方はまずは、三食しっかり食べて生活リズムを整える方法を試してはいかがでしょうか!

綺麗になりたい


若い頃と比べると、ずいぶん太ってしまいました。
20代前半と比べると、なんと20㎏も。
それでダイエットを決意しました。

食べることを我慢するのは、辛いのでとにかく汗をかいて痩せようと思いました。
毎日湯船につかって、自分の限界まで我慢して汗を出しています。
汗をかいて、脱水や熱中症になるのも、怖いのでお風呂場にペットボトルのお茶を持ち込んで、まめに水分補給をしています。
お茶が飽きないように、いろいろなお茶を試して毎日変化をつけています。
ただ浸かっているだけでは、時間がたつのが遅いので、フリーザーバッグにスマホを入れてみています。
スマホでなんだかんだしていると本当に時間がたつのがあっという間で、そんなにつらくは無いですね。

ただこれからの季節、熱くなってくると辛そうですので、続けられるかこれからの課題だと思います。
お風呂につかる前と比べて、大体いつも1㎏は減っています。
次の日になると多少は戻りますが、全部戻るわけでは無く500gから700gは減りますね。
もちろん日によっても違いますが、私はこの方法で5㎏落としました。

あと早朝のウォーキングも取り入れています。
近所の方に見られるのが恥ずかしいので、本当の早朝にやっています。
時間にすると1時間くらいです。
御年寄りでしたら、健康のためと人は見てくれるのでしょうが、私みたいな中年だとダイエットが目的と見られそうですよね。
ですので人が少ない早朝にやっています。

食事制限なしでここまで減ったので、まずまず成功だと思います。
今年は夏服を着るのが楽しみです。

楽でストレスのないダイエット


私も年齢を重ねてきたおかげで、太りやすく全く痩せない体になりました。

ダイエットによさそうなものはいろいろ試してきました。
足裏にテープを巻いてみたり、ダイエットスリッパを履いてみたり、エアロバイクも買ってみましたが、
使わなくなって邪魔になってしまったので友達にあげてしまいました。

食事制限もしました。
炭水化物を抜いてみたり、ブロッコリーを主食にしてみたり、トマトを熱心に食べたり、納豆キムチやエノキ氷も作りました。
食に関するダイエットは、準備のめんどくささや米を食べたいというストレスもあり、やっぱり長くは続きませんでしたし、思ったほどの効果も出ませんでした。

ダイエットは楽でストレスのないもの、これが一番です。
という訳で、今の私のもっぱらのダイエット法は、炭酸水を飲むこと、週に1回サウナに行ってデトックスすることです。
炭酸水は今流行で、本当にたくさんの種類があって、今のところ飽きていません。
炭酸水はただの「炭酸ガス入りの水」で味もこれと言ってないはずですが、炭酸の刺激が味覚を刺激してるせいか、味があるように思えます。
これも飽きないでいられる要因です。

サウナも本当は毎日いけたらいいのですけど、時間も無ければお金もかかりますね。だからサウナに行ったときは、長居をして頑張ってます。
週一回程度では痩せはしないけど、老廃物の排出には一役買ってるし、気持ちもすっきりして心のデトックスにもなってます。
炭酸水とサウナで痩せやすい代謝のいい体になってくれることも期待して、これからも続けていこうと思います。

体幹リセットダイエットをやってみました。


最近注目を浴びている体幹ダイエットの本を、本屋さんで山積みになっているのをみかけて気になったので挑戦してみました。
このダイエットは短期間(二週間)くらいで2,3キロは必ず体重が落ちるダイエット法です。
体幹を鍛えて代謝をよくして体重を落とす方法です。
私も当時食べ過ぎで太っていたのでやってみようと思いました。

体幹ダイエットは2週間続けるだけで、姿勢や骨盤が勝手に強制され、現在骨盤が前後に傾いていようと筋肉が硬くても弱くても問題ないのです。
一日五分のエクササイズで五分やれば、使い過ぎの筋肉は使わなくなって、使えていないモデル体幹筋が飼勝手に使われるようになり、
いつの間にか全身の筋肉がバランスよくつかわれるようになります。

体幹ダイエットはやりすぎてはいけません。
5種類の体幹を鍛えるエクササイズを1から5まで順番に一種類一分で計五分間行うことがベストです。
これを1セットとし、多くても2セットまで、最初の2週間だけ毎日そのあとは週三日で大丈夫です。
2か月続けるとモデル体幹が完成するのでやめても構わないです。

体幹リセットダイエットは筋肉を鍛えるというよりか筋肉の正しい使い方を身に着けるエクササイズです。
5種類のエクササイズを紹介すると、下半身をスリムにする、ヒップを上げる、くびれを作る、体幹を引き締める、全身のバランスを整えるものがあります。
これを実際2週間続けただけで、本の通り、本当に3キロほど体重がおちました。

痩せたいならやっぱりこんにゃく


食欲旺盛であった高校生時代。それまで細身だった私ですが体重が一気に増えまわりからも太ったことを指摘されるようになりました。

なんとか痩せたい!と一念発起、2ヶ月ほどで-4kgを達成したので私のダイエット方法をシェアさせていただきます。

それは「夜ごはんはこんにゃくに置き換える」という方法です。
女子高校生で部活動もしていたので必要以上の食事制限は避けたかったこと、
自分にとって無理のない形にしたかった(食事の量を減らして空腹感を我慢するのは嫌だった)ので、この形をとることにしました。

まず、朝食・昼食はいつも通り食べます。
大体朝は目玉焼きとソーセージ、納豆ご飯、昼は母親に作ってもらう2段のお弁当を食べていました。

そして帰宅後、部活動あとなので空腹なのですが、夜ごはんは「こんにゃく」をメインにしたメニューです。
主食(ごはん、うどん、パンなど)や肉、魚類は取りませんが、こんにゃくをお腹がいっぱいになるまで食べます。野菜も食べます。
こんにゃくと聞くと味も単調で飽きそうだし、過酷…と思われる方もいるかもしれませんが、意外とメニューにバリュエーションを持たせることができるのです。
例えば「今日は麺の気分だな…」そんなときはこんにゃくラーメンやそうめん、冷やし中華、パスタなどはスーパーで手に入れることができます。
スープやだしは制限せず摂取するので、+で野菜を添えれば十分お腹にたまるメニューになります。
他にもこんにゃくステーキや田楽もお腹を満たす十分なメニューになりますね。

家族の協力も得ながらこの生活を続け、順調に体重を落とすことに成功しました。
夜我慢する分朝昼は食べるので、体調も悪くなったりはしませんでした。

痩せたい方必見!酵素ドリンクで断食ダイエット!


これから夏になり、ダイエットを本格的に始めなくてはと焦ってしまいますよね。
運動をして毎日5km走るぞーと気合いをいれても結局は3日しか続かなかったなんてこともあったり・・・。
ですが、運動をせず健康的で簡単に痩せれる方法があります。
今回は酵素ドリンクを使ったダイエット方法をご紹介しますね。

まず酵素ドリンクとは、野菜やくだものを長い年月をかけて発酵をさせ、食物酵素を多く含む飲み物です。
栄養分が豊富なので、野菜不足な方や便秘の人などに効果的です。
もちろん、ダイエットにも効果はあります。
だからといって、毎日がぶがふ飲んでいいわけではありません。

ここで紹介したい、酵素ドリンクのダイエット方法は「断食ダイエット」です。
だいたいの方は毎日、3食ごはんを食べているかと思いますが、その内の夜ごはんをこの「酵素ドリンク」に変えていただきます。
栄養分たっぷりある酵素ドリンクを1週間続けて夜飲むだけで、効果は感じられると思います。
また、2日間お仕事がお休みの場合は、3食すべてを酵素ドリンクにしてがっつりと断食をしてみるのもいいですね。
もちろん無理をすることは続かないので、自分のできる範囲でぜひチャレンジしてみてください。

ちなみに、わたしも酵素ドリンクを飲んでダイエットをしてみたのですが、1週間で3kg減ることができました。
もちろん個人差はあるとは思いますが、酵素ドリンクは意外とおいしくて毎日夜ごはんを抜いて飲むだけで減っていったのでとても良かったです。

これから夏に向けてダイエット頑張っていきましょう!

糖質制限ダイエットが最強だという話。


アラサーと呼ばれる年齢になって、
「ちょっとしたことで太りやすくなった上に、全然痩せにくくなったなあ…」とひしひしと感じている今日この頃。

飲み会やパーティの次の日はしっかりと体重が増えているし、それどころか二十代前半まではちょーっとくらい食べすぎたり、
夜中にお菓子を食べる日が続いたとしても、体重に響くことなんてなかった。
それが今では食べた分がしっかり体重計の上で数字となって現れている。

だったら食事制限や運動をしてみたらいいんじゃない?と言われて三食の量を減らしてみたりジムに通ったりしてみるも体重は変わらず。
むしろジムに通ったおかげで筋肉ついちゃった?なんて残念な結果に終わることも。
食事の量を減らせばお腹が空いて仕事に集中できなくなるし、全然いいことない!

そこで私が始めたのはゆるい糖質制限ダイエット。
1日に何グラムまで、というようなきっちりとしたものではなく、
お腹いっぱい食べてもいい代わりに甘いものやご飯などの炭水化物を控えるというものでした。

朝はサラダかヨーグルト
お昼は鶏肉と野菜たっぷりのスープやジャガイモ抜きの豚汁、夜は冷奴や豚しゃぶ、納豆1パックなど。
これにプラスしてお腹が空いた時は間食としてチーズやくるみをかじる生活。

夜は量を少なめにしてはいますが、朝昼はお腹いっぱい食べられるので、ダイエットをしている感じがしないし、
メニューもタンパク質と野菜なのでとってもヘルシー!

これに朝夜のストレッチを加えて二週間くらいでかなりお腹周りもスッキリしてきました!
だけどまだまだお肉が目立つのでこれからもゆるく続けていきたいと思います♪

私の自己流ダイエット法


女性としてやはり体型は気になるものです。
でも私は減量、体型管理にお金は使いたくないのです。
以前痩身エステ 新宿でいいとことはないか探したりしたのですが、お金がちょっと足りませんでした。
体験コースだけならよかったんですけど・・・やっぱりしっかり通いたくて。

そこで高校生の頃からずっと自己流ダイエットです。

まず歩く、自転車で移動する。
ちょっと運動不足だなあと思ったときや、体重増加気味だな、食べ過ぎたなと感じた時には普段は電車、
バスで移動している距離を歩くかもしくは自転車。

食事は最近糖質、炭水化物制限とか。
さらにはグルテンフリー。
ヴィーカン色々在りすぎてもう何を食べて良いのか分からなくなっているので、とにかく好きなものを食べる。
ただ油揚げ物、インスタント麺は食べない。お米も一日軽く1膳は食べてよし。
パンを食べたらお米は無し。
スイーツも1個はOK。
おせんべい、おかきはお米とみなす。
でもそれらは食べ過ぎるともちろん脂肪になるので野菜を大量に食べます。

私は夕食は家族と食べることが多いので私だけアレはダメこれはダメとは言えないので朝、昼で調整しています。
昼はかなり軽いことが多く大量野菜スープのことが多いです。
腹持ちの良いゆで卵も重宝。
小腹が減ったおやつに冷奴やヨーグルトを食べることも。

一般論ではやはり夜は軽くということですがやはり晩御飯は家族で楽しく食べたいのです。
だから私は一日トータルでどれだけ食べたで考えてあまり朝昼版の比重は気にしていません。
しかも今日食べ過ぎたら明日減らす。
そして時々は開放して美味しいものを食べる、食べるときは食べる。の気持ちでもうん十年?結構成功してます。

最近太りやすいので年末年始の後はお気に入りのジーンズが全く入らない状態のことになりかねませんがあえてそのジーンズをはけるようになるまでがんばる。
余計なものを買わなければ食べないで済むしお金も使わないで済む。
私はダイエットにはお金は1円も使いません。
運動の代わりに家、庭の大掃除をしたりすることもあります。
いかがでしょうか。節約にもなります。

毎年、夏前に始めるダイエット


私は、仕事柄スリムな体型でいることが重要なため、薄着になる夏になる前に3月あたりからダイエットを始めます。

私は超甘党なので、毎日、朝起きてコーヒー牛乳に砂糖をいっぱい入れて飲んでいます。
さらに食パンにマーガリンをたっぷりと塗った上に、いちごジャムをべったりつけるほど甘党です(笑)
大好物はチョコレート。2日に一回は間食でチョコレートか和菓子を食べています。

自分でも、これはやばいなという自覚はあるのですが、周りの同級生と比べるとスリムなので、
特に食生活を変える必要はないかなと思い、今も甘いものを特に気にすることなく飲み食いしています。
冒頭でも述べたように、私は仕事柄カッコよく服を着ないといけないので、薄着になる夏には、ある方法で毎年5kgほど体重を落としています。

1つ目。
朝食のコーヒー牛乳を飲まない、マーガリン、ジャムをべったり塗った食パンを食べない。
代わりにバナナとヨーグルト、そして水に変更。

2つ目。
間食は極力しない。飲み物を全て水に変える

3つ目。
夜ご飯は米を食べない。

4つ目。
お風呂上りに腹筋、背筋をする

5つ目。
気がついたら背筋を伸ばして、腹筋に力を入れる

この5つを実践することで、特に苦労という思いをすることなく、2か月あれば5kg痩せて、カッコよく洋服を着こなすことができます。
やはり、洋服をスマートに着こなすと、女子にも男子にももてますから。
特に私みたいな年になると、周りの同年代がお腹ぽっちゃりになっていくのでね。